技術のことですから、三日間ではどうも心配、と言う人は聴講制度がありますから、 何年たっても、何度でも受けることが出来ます。